排卵検査薬について

排卵日に合わせたときの確率は?

2018年02月17日 18時58分

排卵日に子作りを行った場合、どれだけ妊娠しやすいかというのはとても気になることです。
排卵日に性行為した場合の受精の確率は大体20~30%で、こう見てもそう高い確率ではないのがわかります。
そのため妊娠するというのはそう簡単なことではなく、早めに赤ちゃんがほしい!と思う方にとっては少しつらい話かもしれません。
ではどうやって確率をあげるかというと、妊娠は1人でするものではありませんので、パートナーの身体にもアプローチしてより妊娠しやすい環境を作るというのが大切なこととなります。
男性もその気になれないことがあり、仕事の疲れなどで性行為を行えないということも多々あります。
丁度排卵日だから子作りをしておきたいけれど、義務的に男性にそれを伝えてもなかなかその気になれないことも多いです。
頭では分かっていても身体がついていかない、そんなこともありますので精力増強の栄養ドリンクなどが効果的といわれています。
特にアルギニン配合のものが効果が高く、一回の射精量を増やしてくれるなどの効果があり、より妊活がしやすい身体作りができるのです。
またそれだけではなく、健康にも良い成分が含まれているのが排卵日検査薬プチアイビスと同時におすすめしているコダカラシードとなります。
パートナーの身体に直接アプローチしてくれるそんな効果と、妊活に大切な射精量の増加がきたいできますので、排卵日の妊娠確率をさらに上げてくれるのを期待できるでしょう。
不妊治療に踏み切る前に、排卵日の把握、身体の調整、自分でできることはたくさんあります。不妊治療は女性の身体に大きな負担をかけてしまうことが多いもの、負担の少ない方法をまず試していき、身体に優しい妊活を行ってください。